サポート

基本的なトラブルシューティング

転送されるデータパケットのタイミング精度はどのくらいですか?

最大90ppmです。(-20℃~55℃のとき)

さらに詳しく

専用のリファレンスカメラの映像が表示されないのですが。

カメラのLEDランプが点いていますか?点いていない場合、ACアダプターが正しく装着されているかご確認ください。
次にイーサーネットケーブル(カテゴリー5以降を推奨)を交換してみてください。また、ネットワーク設定では、
IPアドレスが169.254.x.x、サブネットマスクが255.255.0.0になっているかご確認ください。ゲートウェイの設定は必要ありません。
また、以下をご確認ください。

・カメラがハブに接続されていると正しく表示されない場合があります。
・最新のドライバをインストールしてみてください。

http://www.alliedvisiontec.com/us/support/downloads/product-literature.html

さらに詳しく

MVNでレコーディングしたスタートタイム(日時)を知るにはどうすれば良いですか?

MVNXファイルのヘッダー部をご確認ください。ログインしているPCのシステム時間(秒単位)で記録されています。
また、SDKのxmeGetRecordStart()をお使いいただくと、データはMVN Studioに記録されるので簡単にスタートタイムを取得できます。

さらに詳しく

センサーのファームウェアのアップデートはどのように行えば良いですか?

MVNまたはXbusKitの場合は、乾電池ではなく、ACアダプターをXbus Masterに接続し、コンピュータとは有線で接続してください。

そしてMT SDKの最新バージョンをダウンロードしてインストールしてください。スタンドアロンMTxの場合は、

MT Managerを開き、Firmware Updaterを実行します。インストラクションに従い、アップデートしたいハードウェアを選択します。

MT SDKの最新版はhttp://www.xsens.com/en/mt-sdkよりダウンロードいただけます。

また、アップデート中に不具合があった場合は、弊社までお問い合わせください。

さらに詳しく

バッテリーの残量(連続使用時間)に満足していないのですが。

Xbus Materおよび複数のMTxセンサーでは、多くの電力消費を必要としますので、製品に同梱されている

充電式の単三乾電池の使用を推奨いたします。その他のアルカリ単三乾電池などでも使用は可能ですが、

バッテリー持続時間が短くなります。

さらに詳しく

Xbus MasterのBluetooth接続に問題があるようなのですが。

・Xbus MasterのLEDボタン(電源ボタンの横)がブルーになっているかご確認ください。

・Xbus Masterの通信モードが有線接続のモードになっていないかお確かめください。

・Xbus Mater(送信機)とWR-A(受信機)の間に電波遮断の原因になる障害物があったり、大人数のヒトや雨、雪などが振っている状況では通信に悪影響を及ぼす可能性があります。

・複数のMVNを同時に使用している場合は、それぞれのWR-Aアンテナを最低50cm離してください。それでも接続に問題がある時は、WR-Aを再接続し、XbusMaterを再起動してみてください。このとき、MVNであれば2ペアの XbusMasterとWR-Aを同時に試してください。(#1と#2の組み合わせでは動作致しません、この場合LEDランプが正しく点灯しません)

・WR-AでバイスがWindowsのデバイスマネージャーで以下のように認識されていれば正しく動作するはずです。そうでない場合、他のUSBポートに接続してみてください。

USBデバイスでXsens wireless reciverと認識されている。

COM &LPTポートでVirtual COMポートと認識されている。

 

それでもうまく通信がとれない場合は、弊社までお問い合わせください。

さらに詳しく

MVN3.0で3Dキャラクターが表示されずレコーディングセッションが作成できません。

レコーディング・セッションの作成後、MVN Studioはスーツを自動検出します。この間十数秒~20秒程度かかりますが、

それでもスーツを認識しない場合は、センサーケーブルがどこかで外れているので、スーツをご確認ください。

新しいレコーディングセッションを開くには、データの保存先を指定しておく必要があります。

保存先は、日本語名等の2バイト文字が使われていないディレクトリをしていただく事をお勧めします。

また、MVNスタジオが管理者権限で起動されていること(書き込みの権限があるユーザーでログインされている事)をご確認ください。

さらに詳しく

MVN Studioのインストールについて

MVN StudioはWindows XP, Vista, 7のOSに対応しています。またインストール時は管理者権限でログインした状態で行ってください。

ご不明な場合は、MVN StudioのインストールEXEファイルを起動する時に右クリックから「管理者として起動する」を選択してください。

またMVNを使用する際は、パソコンの電源モードは常にパワーオンの状態にしていただく事を強くおすすめします。

省電力モードなどはUSBポートへの電源供給が不安定になる原因となりますのでご注意ください。

さらに詳しく

片側の動きにディレイがあるのですが。

まれに、左右のボディサイドで、同期が取れなく表示されることがあります。

(例えばアクターが同時に両腕を上げたとき、3Dビューアーでは片方の腕が下がったままになったりする)。

そのような際には、WR-Aアンテナを再接続してMVNを再起動してみてください。

それでも問題が解決しない場合は、XbusMaster1とXbusMaster2の間の同期ケーブルが不良かもしれません。

システムに同梱の予備ケーブルで試してみてください。それでも解決できない場合は、弊社までお問い合わせください。

さらに詳しく

ファームウェアアップデートをしたらバッテリーの持ちが短くなった。

アルカリ電池を使用の場合、そのようなことが起きる可能性があります。

ニッケル水素タイプの電池の使用をお勧めします。

さらに詳しく

センサーが振動するとどのような影響があるでしょうか?

振動は、慣性センシングとの組み合わせで問題を引き起こすことがあります。方向推定に影響を与えることはありませんが、

キャリブレーションがうまく行かなかったり、機械内部のセンサーを破損する可能性があります。キャリブレーションや計測の際には、

なるべく振動のない環境で行ってください。

フィルタは、統合されたセンサーの3種類からオリエンテーションヒューズ情報を推定するために実装されています。

加速度計は重力加速度によって垂直方向の基準を提供するために使用されています。磁気センサは、磁北ベクトルを介して

水平方向の基準を提供しています。これらは地球に参照されるグローバル座標フレームを定義するために使用され、

(半)静的な状態で支持されています。動的条件では、ジャイロスコープが好ましく、信号は向きに統合されています。

振動が連続して存在する場合、フィルタは動的な条件として、これらを解釈し、角速度を積分に依存し続けることができます。

固有の不正確さのため、長時間の振動条件下では、オリエンテーション情報の精度の低下を招きます。

 

さらに詳しく

Xsensのモーショントラッカーについてどこで詳細な技術情報を得られますか?

弊社までお問い合わせくださいませ。

さらに詳しく

MVN APIのサンプルソースコードや詳細情報を知りたいのですが。

弊社までお問い合わせください。必要なMVN SDKの情報とサンプルコードをご提供します。

さらに詳しく

 
このページの先頭へ