慣性センサ式モーションキャプチャ

                 Mocap for 3D character animation

MVNXsens Technologies B.V.







MVN Analyze/Animate 2019 リリース


新しいモーションキャプチャエンジンにより、磁場の影響を受けることなくキャプチャ収録を行うことが可能になりました。UIも一新されより使いやすく、さらに強力なオフラインソルバツールの実装によりデータのリプロセスもスムーズに行え、どんな環境下においても安定かつ高品質なパフォーマンスを発揮する革新的なシステムに生まれ変わりました。製品の詳細は以下よりご確認ください。


MVN 2019 リリースノート


MVNとは




映像・ゲーム・遊技機・VRなどのCGアニメーション制作から、

スポーツ・リハビリ・人間工学・ロボティクスなどの研究分野まで幅広く活用できる、

唯一のプロフェッショナル・モーションキャプチャ・システムです。

場所を選ばず、簡単なセットアップでどなたでもお使いいただけ、

ハイクオリティーなデータアウトプットをリアルタイムに供給します。

ハードウェアは

MVN Link(240fps, WiFi通信)MVN Awinda(60fps, ZigBee通信)の2機種からお選び頂け、

ソフトウェアは用途に応じて

MVN Animete, MVN Animate Pro, MVN Analyzeの3種類からお選び頂けます。











ManusVRインテグレーション


指のモーションをキャプチャーできるManusVRとのインテグレーションにより、
MVN Animate/Analyze上で簡単に指を含む全身のモーションを収録することができます。








MVN Link

MVN-BIOMECH-Link

MVN Awinda

MVN-BIOMECH-Awinda




MVN-Studio-4



システムの特徴

・場所を選ばずによ場所を選ばずにモーションキャプチャが可能

・隠れマーカーの概念がないので、障害物のある部屋や、衣装を上から来てもOK

・複雑なシステムの設定は不要なため、どなたでも簡単に扱えます

・セットアップ10分で素早くキャプチャが可能。収録データは瞬時にプレビューが可能

・これまで不可能だった高さ移動の情報取得も可能に





MVNハードウェア 比較チャート

FeaturesMVN LinkMVN Awinda

キャプチャー精度

★★★★☆ ★★★☆☆

低レーテンシー

堅牢なデータリング

バッテリーマネジメント

バテリーライフ

9.5h 6h

通信距離(屋内/屋外)

50/150m 20/50m

GPS(将来的にソフトへ機能搭載)

? ×

オンボディーバッファリング

10m 30s

内部サンプリングレート

1000Hz 1000Hz

最大出力サンプリングレート

240Hz 60Hz

アクターフレンドリー性

?

グループでの使用(着回し)

スーツ洗濯の頻度

トータル性能

推奨用途(MVN Awinda

● 社内でのアニマティクスや授業での用途(複数人での着回しも容易)

● リハビリ・人間工学(フルボディスーツの着用が難しい高齢者や非健常者が被験者に想定される場合など)

推奨用途(MVN Link

● スポーツやアクションなど早い動き(サンプリングレート240fps(Hz)対応)

● ライブエンターテインメントなどのリアルタイムCGアニメーション演出(WiFi5GHz対応)





MVNソフトウェア 比較チャート

機能

MVN Animate

MVN Animate

Pro

MVN Analyze

複数アクター



ネットワークストリーミング(プラグイン対応)

×

拡張ネットワークストリーマー

×

×


コンフィグレーション

制限あり

制限なし

制限なし

シナリオ

制限あり

制限なし

制限なし

専用リファレンスカメラ

×

対応

対応

ムービー出力


×

タイムコード&リモートコントロール


×

グラフ表示


×

リアルタイムグラフ表示


×


×

MVNX(テキストデータ)出力


×


×

外部機器同期(TTL3.3)


×


×

バイオメカニカルモデル表示


×


×

推奨用途

MVN Animate: CGアニメーション制作用途、データ収録→FBXデータ出力ワークフローなど

MVN Animate Pro: MotionBuilder, Maya, Unityへの各種ライブプラグイン付属、リアルタイムCGキャラクタープレビューなどのワークフローに。また外部からのタイムコード入力や専用リファレンスカメラからの映像記録が必要な場合など

● MVN Analyze: 動作解析用途(リアルタイムグラフ機能;23セグメント、22ジョイントアングルデータの表示や、テキストデータの出力)また筋電計などの外部機器との同期計測が必要な場合の、Sync Station機能を搭載(Linkの場合は、オプションにてSync Stationが別途必要

カタログはこちらから

MVNカタログ ダウンロード




MVNオプション


専用リファレンスカメラ

● イーサネット接続タイプの専用カメラにて、映像をモーションデータと一緒に記録します。(要MVN Animate ProまたはMVN Analyze ソフトウェア)

0001

MVN SDK



● C, C++にてユーザーカスタマイズドソフトウェアの構築が可能







 
このページの先頭へ